1. ホーム
  2. お知らせ
  3. ひとこと日記

ひとこと日記

今年もやります! 大宮花火大会の鑑賞会 (2019/07/18)

毎年、パークハイムの4階廊下で、住民の皆さんと一緒に「さいたま市花火大会 大和田公園会場」を見る会を開いています。

 

今年の花火大会は、毎年晴れ続きの30日ではなく、28日の日曜日に開催されます。
きっと今年も晴れると信じて、ABC恒例の花火鑑賞会も28日に開きます。
大きな氷で冷やしたビールとジュースのほか、お菓子やおつまみをたっぷり用意してお待ちしています。
どなたさまもお気軽にお越しください!

 

開催日:7月28日
集合時間:19時くらいから三々五々
終了時間:20時30分ごろ
持ち物:どうぞ手ぶらでお越しください

戻ってきたメガネ (2019/07/10)

 オーストラリアのシドニーにいる甥夫婦が大宮にやってきた。8日夜は、その歓迎宴。午後6時半からのスタートに間に合うよう、仕事を片付け、着替えをし、家を出たのだが、用を思い出したり電話が掛かってきたりして、いつものことながらバタバタしていた。

 

 ふと、気が付くと、上着の胸ポケットに入れたメガネがない。さては忘れたかと、家に戻ったが、やはりない。暑くて脱いだ上着から落ちたかもしれないと、一の宮通りに引き返し、見て歩いたが、ない。

 

 メガネは私にとって、最重要アイテムの一つ。老眼で着けたり外したりしているが、メガネがないとまず運転ができない。帰宅後、念入りに家、事務所の中を探すが、出てこない。もはや事件だ。最悪、作り直しも覚悟しなければならない。

 

 翌朝、5時に目が覚めた。外はもう明るい。寝ながらもう一度、思い出したが、一の宮通りであわてて上着を脱着してたときが怪しい。

 

 朝早い一の宮通りを歩いてみた。この辺で電話が掛かってきて、持っていた上着を持ち替えたよな、と思い出していたら、歩道の店側プランターに、あった!

 

 愛おしい我がメガネがちょこんと、縁に鎮座ましているではないか。ありがとう。神様、仏様に感謝。拾ってくれた人に感謝。ありがとう。少し大袈裟だけど、生きていて良かった。(孝治)

 

 

 

 

 

 

一の宮通りまちづくり協議会 (2019/07/03)

 一の宮通りまちづくり協議会総会が先日、大宮区役所の新庁舎で開かれた。

 

 JR大宮駅と氷川神社、大宮公園をつなぐ道なので、電線を地中化し、歩道を整備して、歩行者が安心して買い物や散策ができる通りにしようという計画だ。

 

 だが、話が出てから足掛け7年。協議会ができてからでも5年になるだけに、住民にも疲れとあきらめが出ている感がなくもなかった。

 

 総会で市から示された整備スケジュールによると、今年に基本設計、来年度の詳細設計を経て、2021(令和3)年度に、いよいよ待望の工事が始まるという。

 

 最初は通りの西半分から始まり、4年間で参道までを完成させる。ガイドラインは既に出来ていて、派手な色や目立つ広告は自粛し、歩行者に優しい安全な通りにするつもりだ。

 

 総会後の懇親会で、チェコから帰って来たばかりのOさんが、スマホで撮ったプラハの舗道の写真を見せながら「こういう通りが良いね。10年待ったんだ。後世に遺せるような立派な通りにしようぜ」と気炎を上げた。

 

 なるほど、ゴツゴツ感がなかなか良い。ぼくもローマの敷石を思い出した。ローマ時代の舗装が今も遺り、アルファロメオがその上を軽快に走っていた。

 

 一の宮通りも実は約40年前、父たちの時代に一辺が10センチぐらいの立方体の敷石で舗装したことがある。出来たとき、素晴らしい眺めに感動したのを覚えている。

 

 だが、大型車が入り、ハンドルを据え切り、敷石がもろくも崩れた。ひとつ剥がれると、次から次と剥がれが広がり、いつしか通り全体が虫食い状態になっていった。悲しかった。補修後のアスファルトが黒く光っていた。

 

 今はこの通りに大型車は入らない。舗装技術も上がっただろう。市の方も満更でないような感じだ。最初はOさんの夢物語だと思って聞いていたが、この話、案外行けるかもしれない。甘いかな?

 

 

 

スケールの大きかった日本人 (2019/06/25)

  上野の国立西洋美術館で、「松方コレクション展」が始まった。同美術館の開設60周年を記念して、所蔵するコレクションに、戦争で散逸したり、散りじりになった傑作を集めた見応えのある展覧会になっている。

 

 ゴッホがゴーギャンと住んだアパートを描いた「アルルの寝室」も展示されている。展示に至る経緯を知ると、感動を禁じ得ない。

 

 「アルルの寝室」は松方が買い求めた約3千点にも上るコレクションの一品だったが、ナチスのパリ占領時、接収を逃れるため、日本人が命がけで郊外の農家に移した。その数は約4百点。

 

 戦後、フランス政府が保管し、日本に返還することになったが、「アルルの寝室」など二十数点は国外持ち出し禁止となり、日本には戻らなかった。今回、同コレクション展のため、特別に帰って来た。

 

 これだけの作品を収集した松方幸次郎とは、どんな人物だったのか。明治の元勲、松方三郎の三男に生まれ、米国の大学に留学した後、川崎造船所(現川崎重工業)の初代社長に就任した。 第1次世界大戦のとき、船の需要が高まると予測して注文なしで輸送船を大量に造り、売りさばいて利益を上げた。松方はその利益を惜しげもなくつぎ込み、パリの画商から作品を買い求めた。

 

 また、画家たちとも親交を築き、モネの所では「日本人に最高の絵を見せてやりたい」と口説き、モネが手元に残していた睡蓮の傑作を購入した。

 

 コレクションに要した費用はいくらになるのであろうか。第1次大戦後、今度は不景気で川崎造船所の経営は一気に苦しくなった。団交で労働者につるし上げられた松方はやむなく、マティスなどの作品を心ならずも売る場面があったようだ。

 

 時代が違うとはいえ、豪快に買い、志を貫いた人生は清々しい。こんなスケールの大きい人がいたんだと、同コレクション展を見て思わざるを得なかった。

協賛したイベントが、大成功しました! (2017/06/19)

平成31年に向けて、大宮駅の東口は駅周りの公共施設を編成し直していきます。

その中の目玉の一つが、新・大宮区役所の建設です。

さいたま新都心と大宮駅、そしてお氷川さまをつなぐ氷川参道沿いの、

市民会館おおみや向かいに造られます。

カフェやオープンスペース、図書館を取り込んだ、

市民が集まってアイディアを交換しやすい区役所になる予定です。

 パンフレット      18034164_803062409856833_1726251407069200180_n

 

もとは県税事務所があった場所。一帯は壁で覆われ、中は更地になりました。

そこにこれから区役所を建てるのですが、市民のための場所なのに、

いつの間にか出来上がっていたのでは面白くない。

出来上がるのが楽しみになるような思い出を、

これから何十年と使っていく子供たちに育んでもらいたい。

そんな気持ちで動き始めたプロジェクトに、

我々 (有)Arai Building Co. も参加することにしました。

 19025214_827629060733501_1699955437412928554_o    DSCN4272

 

 

平成29年6月11日、心配した雨もなく、各方面の協力と実行委員の熱意のおかげか、

目標集客数1000人のところ1300人で人文字をつくり、地面を踏み固め、風船を飛ばせました。

子供たちのたくさんの笑顔と、写真として残る記憶。

このイベントに関われて、本当に良かったと思います。

「大宮区役所地固め祭」の詳細は

     https://www.facebook.com/omiyajigatame/ をご覧ください。

このあと、地固め祭の写真はA1版の折り畳み冊子「タブロー」の写真集として

発行される予定です。

出来上がりを楽しみに待っています。

 

 

 

 

 蝨ー蝗コ繧∫・ュ繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSC8171  蝨ー蝗コ繧∫・ュ繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSC8232
 蝨ー蝗コ繧∫・ュ繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSC8424  蝨ー蝗コ繧∫・ュ繧サ繝ャ繧ッ繝・_DSC9030

 

 

プチボワ202にスタッキング・シェルフ (2016/09/17)

IMG_3216 ニューヨークスタイルのスタジオ202.

 今回はスタッキング・シェルフを入れて、間仕切りとしました。

 

  飾り棚に良し。本棚に良し。インテリアにして良し、です。

 可動棚なので、部屋を広く使いたかったら、壁際に持っていくこともできます。

 

IMG_3217

 

 

 

 

202号室の情報は、こちらをご覧ください。

 

1_L8bH4sy7MYxTY1469090612_1469093622

 

パークハイムの玄関に、可愛いライトを置きました! (2016/09/17)

大宮アルディージャのホームスタジアム、NACK5スタジアムのすぐそばにあるパークハイムは、公園に隣接していることもあり、敷地内にいっぱい木が植わっています。

 

エントランスの両脇にも植物が植えられるように、土が入っています。けれど…

 

 

IMAG6711

 

スペース自体が小さいことと、軒下で雨が降り込まないことが重なって、この夏でローズマリーが枯れてしまいました。

 

どんな土質でも、週に一回しか水やりができなくても、大抵はけなげに枝を伸ばしてくれるローズマリー。

 

彼女でさえ無理な場所では、植物を育てるのは諦めねばなりません。

 

 

そこで、社内コンペの上、このスペースには玉砂利を敷いて照明を設置することに決まりました!

それも、とっても可愛いものを!!

 

 IMAG6723  向かって右側、館銘板の下はワンちゃんの影絵がかわいらしいライト。

 

ツタのくるくるもいい!

 

下に白い玉砂利を敷いたこともあり、昼間に見てもアイキャッチなスペースになりました。

 左側は、ランタン型のライトを高い位置に吊り下げました。

この吊り下げる方法がなかなか難題で、いろんな資材を検討しました。

結局、ハンギング用のガーデンスタンドが丈夫で高さもちょうどいいと、玉砂利から1メートルくらいのところまで上げることができました。

なんと、足のサイズもこのスペースとぴったり一致!

ここに使うためにあったのだと、運命を感じてしまいました(笑)

 IMAG6721

 

 

どちらもLEDの太陽光発電の庭用の照明を選びました。

雨風に強く、夕方になって太陽光発電できなくなると光るタイプです。

フル充電できると6~8時間灯るそうなので、夜のお帰りから、深夜に隣のコンビニに出かけるときも、このライトが迎えてくれるはずです。

 

 

 BeforeIMAG6710 大宮公園  ⇒  賃貸  AfterIMAG6725

 

 

設置した時間ではまだ明るくて、ライトが灯ったところはまだ見てません。

きっと今晩から、住人のみなさんに「ほっ」とする明かりを提供してくれると思います。
 

プチボワ館にダストボックスを入れました (2016/09/15)

IMG_3215

プチボワ館にスタイリッシュなダストボックスを設置しました。ヨドコウの最も売れているタイプ。500㍑の容量があり、45㍑のゴミ袋が11個入ります。使いやすく、耐久性も十分です。

 

何より、カラス、猫に荒らされず、清潔が保てます。他のマンションでも使ってますが、皆さん、喜ばれてます。

プチボワ館の周辺情報マップを作りました! (2016/08/29)

プチ 周辺地図

マンションの入居者様の情報をもとに、

プチボワ館の周辺マップを作りました。

定期的に実施している

アンケートの内容を抜粋しています。

地図より外の情報や、

実際に足を運んでみたレビューなども

順次上げていきますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

  プチボワ館の詳しい情報は ↓ こちら ↓ をどうぞ!

 1_L8bH4sy7MYxTY1469090612_1469093404

マンションの管理状況の評価を行いました。 (2016/08/20)

8月17日の暑い午後、ABCは管理物件の更なるブラッシュアップのため、各建物の管理状況をチェックして回りました。

社員総勢3名に、厳しい目線で指摘をする相談役1名の、4名それぞれの視点で

現状の汚いところ気の使い方が足りてないところ入居者だったら気にするだろうところを探していきます。

 

評価項目は、

【建物】については、

・外壁や駐車場・駐輪場の外回り、

・エントランスの郵便ポストや掲示板など入口の美観、

・階段や廊下の清掃状況、

・エレベーターやゴミ置き場などの共用施設の使われ方   など

 

【室内】では

・玄関まわり

・キッチンまわり

・バス、トイレ周辺

・居室

・ベランダ

など、ポイントごとに強みと弱みを評価しながら、改善できるところを探します。

 

特に内装は、ディスプレイする資料の良し悪しや、コーディネートした家具の訴求力

季節感インパクトについても厳しいチェックを交わし合います。

 

 

IMG_3282

 

 

 

 

 

 

IMAG6595

 

各人の提案がたくさん集まりました。

建物のイメージを擦り合わせをして、順次改善に取り組んでいきます。

 

1 / 212